着物から、日常の衣へ

どんな服が、次の時代に

残っているかはわからない。

だけれども、

美しい循環の中にある服を

残していきたい。

辺りを見渡せば、魅力的な服は沢山ある。

しかし物語がある服は数少ない。

8.jpg
“きもの”

着物は、繊維や模様、配色、

どれを取っても個性的な日本ならではの技の結晶であり衣である。

それぞれに独自の”色”があり、アートのひとつとも言える。

それに、何年もの前の着物だとしても

人々の深いの美意識に訴えるデザイン性は、時代が変われど色褪せることはない。

K_DSC1583.jpg
“必要性を失った着物が行く先”

着物は購入されるだけでなく、家族など親しい関係の中で受け継がれてきた。

そんな、かつて誰かに大切にされ纏われ、受け継がれてきた着物は

役目を終える時期へと差し掛かっている。

思い入れという言葉がある様に、多くの人はモノに自らの時間を移す。

 

かつて程の必要性は失われつつあるため

そのモノに抱く価値と、他者の評価は違うという悲しい現実がある。

不要になった”大切な着物”を手放すとき、心がざっくりと引き裂かれる様な痛みを感じるだろう。

そして、そんな痛みと共に手放さる着物の数は、ひとつやふたつではない。

大量だ。

_DSC3084_edited.jpg

誰かに作り出され、大切にされてきたモノが

新たな姿・形で、また誰かに大切にされる循環を創出していくこと

それが、私たちの目指す先である。

 

その先に向け着物から、

現代の人の感性に響く服を発信・提案・創出していくべく歩みを進めている。

K_P1180072.jpg
“そして、日常の衣”

服に袖を通すことは、毎日の中の当たり前の活動である。

しかし、着るたびに心を踊る体感が、どれだけあるだろうか。

 

シンプルに着る喜びを味わう。

 

私たちはその喜びを”着る人々”に感じてもらいたい。

_DSC2687.JPG

様々な文化の叡智が交じり合いながら、生まれてきた和。

その中で育まれてきた”着物”が現代のライフスタイルに溶け込むことで、

見るに美しく、着るに心躍る日常の服として、また誰かに大切にされる。

その姿は、美しい循環を物語る。

20191118_wts_11.jpg